濱田真和くんが脚本と出演する舞台、「Sometime, Somewhere」を観てきた。
彼に会うのは2年以上も前、この写真を撮った時以来。
確かこの時に、脚本を書いて舞台をやりたいとか色々話しした。
作品は、僕がここしばらく興味のある戦後昭和から平成への日本の在り方にも共通するテーマだった。
人が全身全霊で想いを伝える姿は刺激になる。
想いの伝わってくる素敵な作品だった。

Close
Go top