Kyte 2009

Kyteの10月5日、Shibuya Club Quattroでのライブを2008年の初来日に続き撮影しました。 会場は満員、メンバーが一人脱退してしまったのが残念だけれどライブはとても良かった。 「Sunlight」や「Planet」、ライブでもラストだった「These Tales Of Our Stay」が僕は好き。 この先のKyteも撮り続けたいな。

Read more

How did we feel then?

flumpoolのライブDVD、『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 “Unreal” Live at Shibuya Club Quattro~ のジャケットやブックレット、MUSICA voL.27の一部で写真撮ってます。 ライブDVDを観て2月に行ったツアーが何だか懐かしく感じた。 人が熱い気持ちで何かをしている姿はただ単純に素敵だと思う。

Read more

tokyo 2008

Read more

NOW IDeA BY UTRECHT

NOW IDeA BY UTRECHTでのexhibition「yearn 」無事終えることができました。 16日のレセプションでは多くの人が来てくれて感激でした。 友人が作ってくれたパウンドケーキも美味しく、楽しい時間を過ごせました。 他の日に来ていただいた方も多かったみたいで、お会いできず残念でしたがまたの機会にお会いできることを楽しみにしています。 ありがとうございました。

Read more

yearn

僕の大好きなブックショップ UTRECHT より「yearn」というZINEが出版されます。 僕にとってファッションや写真は特別な物ではなく、服創りでは僕自身が着たい物、写真では身近な友人などを撮ってきました。 yearn とは未来、愛情、homeなど人にとってとても大切で尊いことに対して焦がれている状態のことです。 僕自身や友人のそんな想いや大切な一瞬を写真として本に収めることができたと思います。 観て色々感じてもらえたら嬉しいです。

Read more

装苑 NEWCOMER’S File 2009

装苑2009年1月号のNEWCOMER’S File 2009(P90)にUTRECHTの江口さんにより紹介していただきました。 素敵な文章で嬉しいです。 「彼の作る服、撮る写真は、すべて彼の生活の延長線上に位置しています。 自然体といえばありきたりですが、彼の場合はそれを意識的に、強い意志をもって形にしています。 販売を含む全ての行程を一人で行う、自身が着たいものをベースとした服創り。 友人や好きなミュージシャンへの親しみやあこがれなど、自身と被写体との絶妙な距離感を感じさせる涼やかな写真。これらを両立しつつ行っているとても東京的な活動だと思います。」

Read more

東京

友人のバンド、東京 Blue Weepsの初となるCD「東京」の写真やアートワークを担当しました。 「東京」、「indication」、「mean」という3曲が収録されています。 とし君は初めてなのに、最後みたいな作品です。とブログに記していました。 出来上がった時、僕も凄く嬉しかったです。 2008.12.16(tue) – 12.21(sun) NOW IDeA by UTRECHTで行われる僕のexhibition「yearn」でも先行発売します。 12.25(tue)にはShibuya La.mama にてレコ発ライブも行われます。 ぜひ聴いて観てもらいたいです。

Read more

exhibition

友人達のたくさんの協力の元、大好きなブックショップUTRECHTよりZINEを出せることになりました。 またその世界観の写真や服を東京の青山に新たにできる素敵なスペースで展示します。 以前から実際の服に触れてもらえる場所を作れたらと思っていたのでとても楽しみです。 多くの人に見て触れてもらえたら嬉しいです。 ぜひ来てください。

Read more

rockin’on / CROSSBEAT / YES Magazine

現在発売中のrockin’on、CROSSBEAT、YES Magazineに僕の撮影したKyteの写真が掲載されています。 良かったら見てみてください。

Read more

Kyte

Kyteのライブを渋谷O-Nestで観てきた。 おもちゃ箱を開けた様な幸せ感いっぱいな音、ライブも素敵でした。 初めてフィルムカメラでライブの撮影をしました。 今後も楽しみ。

Read more
Close
Go top