望月章氏のマイムプロジェクト公演「BERLIN」を観た。
Lou Reedの「BERLIN」全曲と当時のグラムロック、キャバレーソング等で構成されたパントマイムによる演劇。
パントマイムというと白塗りで壁や綱引き等を観せるマイムを想像してしまうが、マイクテクニックを使った演劇としてのジャンルを目指しているとのこと。
出演は望月章氏とISSAYさんの他、男性6名のみ。
グラムロック全盛の1973年、アメリカ人青年と女装キャバレー歌手との恋の話なのだが、別の恋人がいたり東と西を分断する厚い壁のため悲しい結末に向かって突き進んでいく。。。
パントマイムは始めてだったので理解できるのだろうかと不安だったがとても楽しく観ることができた。
言葉がない分、より感情や感覚、目には見えない世界を感じ取れたのかなと思う。

Close
Go top